アレルギー最新の記事

アレルギー検査

近年、我々を悩ます現代病のひとつがアレルギーです。しかし、一口にアレルギーといっても、その種類や症状は多種多様で、原因も人それぞれなのですが、まずは、自分自身に起こるアレルギー症状というものを正確に知っておくことが大切です。

次に対策として、自分の周りから原因を除去することで、症状を緩和できるかどうかです。これは、アトピー性皮膚炎などのように、アレルゲン(抗原)となるカビやダニ、ホコリ、汚染大気、ペットなどを生活環境から取り除くことによって、皮膚炎を起こさないようにすることです。

又、花粉症のように反応を起こす花粉の種類と時期を知ることによって、マスクやメガネのような防具を身につけたり、薬をあらかじめ処方してもらって飲んでおくことで、症状をかなり緩和することが出来ます。

このようにアレルギー対策には、まず検査をして、自身のアレルゲンとなるものを知っておくことをお勧めします。

さて、アレルギー検査には血液検査、皮膚テスト、除去・誘発テストという、大きく分けて三種類の検査があります。血液検査というのは少量の血液を採取して、血液中のIgEと好酸球の値を調べますが、たいした痛みも無く、比較的短時間で終わります。これはアレルギー体質であるかどうかを調べる時にも有効ですが、ダニやペットなどのアレルゲンが予想される時にも調べるものです。

次に皮膚テストですが、これにはブリックテストといって、皮膚の表面を軽く張り出さして傷つけ、そこに少量の抗原液をたらして反応を見るものと、スクラッチテストというのも皮膚に5ミリほどの引っかき傷を作り、ブリックテストと同様に傷口に抗原液をたらし、反応を見る方法があります。いずれも危険が無く、小児でもすることができる検査です。

しかし、ブリックテストやスクラッチテストで明確な反応が出なかった場合には、皮内テストといって、少量の抗原液を直接皮内に注射して、腫れや赤みの様子を見ることもあります。更に、化粧品や薬品アレルギーを調べるときには、パッチテストといって、ガーゼや絆創膏などに抗原を塗りつけ、皮膚にはって反応を見る 方法もあります。ただし、この場合は24~72時間と判定に少々時間がかかります。

一般的に、血液検査と皮膚テストは同時に行われることが多いようです。除去誘発テストというのは、おもに食物アレルギーを調べるときに用いられます。原因と予想される食物を摂取せずに一定期間様子を見ることで、症状が緩和すれば、今度は逆に摂取してみるといった方法でアレルゲンとなる食材を限定していくわけです。検査は皮膚科や内科、耳鼻科などで受ける他に自宅で手軽にアレルギー検査ができるキットなども売られてします。

アレルギーについて

アレルギーは、食物やダニ、花粉など、本来は病原性のないものに対して特別な抗体IgEをつくって、過剰な反応を起こしてしまう現象です。 アレルギーの原因になる物質をアレルゲン、そのアレルゲンに対してできた抗体をIgEといいます。
カテゴリー
更新履歴
アレルギー検査(2015年3月 1日)
花粉症(アレルギー性鼻炎)(2015年3月 1日)
アレルギー性結膜炎(2015年3月 1日)
花粉症(アレルギー性鼻炎)対策1(2015年3月 1日)
花粉症(アレルギー性鼻炎)対策2(2015年3月 1日)